「あせも」汗疹について

asubisou 髪、肌、美容の事

自分らしく生きる女性の 「肌」「髪」「美容」「健康」 の情報をお届けします。 シャンプー、美容液、コスメのオンラインショップ

暑い季節になりました。
この季節になると「あせも(汗疹)」がでます。
とくに、子供は汗疹なのか、アトピーなのか分からないくらいブワッとでます。
今現在、私自身、首に汗疹がでてます。


なぜ、出来るのか?

汗疹は、なぜ、出てくるのか?
複合的な理由でできます。

  1. 汗孔の閉塞
  2. 異常な角化
  3. 汗が身体組織内に流れるため 
  4. 皮膚炎

これが、全部繋がると汗疹になります。

汗は、pHが高く、炎症サイトカインや蛋白質分解酵素などが入ってます。
その事が、原因で肌に炎症が起きます。
炎症か起きると、異常な角化が進みます。
角化のために皮膚表面が、厚くなります。
老廃物質や汗、厚い角質により汗の出口、汗孔が詰まります。
汗腺から出た汗は汗孔が閉塞しているため汗管内にたまります。
キャパシティオーバーとなった汗管が破れ身体組織に汗が流れこます。
この複合的な事が汗疹(あせも)です。

大人も、子供も、赤ちゃんも、汗腺の数は同じです。

代謝が多く、体面積の小さい赤ちゃんや子供達が汗疹になりやすいのはそのためです。

(炎症の起きてない軽い症状の白い色の汗疹もあります。)


治療方法は、炎症を抑えること。

お医者さんで、処方されるのがステロイド外用薬です。

パルデスローション(副腎皮質ステロイド外用薬)

ステロイドって抵抗がありますよね。正しく使えば、なくてはならない薬です。


コリン性蕁麻疹

汗疹に似ている蕁麻疹は、コリン性蕁麻疹です。

この蕁麻疹は、寒い時期にもなります。

汗疹と同じ様に、汗孔が閉塞し汗管がやぶれます。

そのため、プチプチとした蕁麻疹が現れます。

もともと、乾燥しがちで角質が弱い方や汗の出にくい方に症状が出やすいです。




汗疹を防ぐ、汗疹を治すには??


一番、効果的なのは、汗をまめに拭くです。

予防には、市販の制汗剤やパウダーも効果的です。しかし、出来てしまった汗疹には注意が必要です。炎症を起こさせない。汗孔を詰まらせないのが大切です。

汗孔のつまりが原因の場合が多い為、洗浄も大切です。

pHを上げずに、しっかりと老廃物も取り除ける洗浄剤と言うと、、、


アスビソウシリーズでは、クレイフェイスウォッシュクリームになります。

低いpHで肌を整え、アミノ酸系界面活性剤とクレイで優しく汗や老廃物を落とします。